フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012年1月28日 (土)

30数年ぶりに僕のギターが帰って来た。

1月26日、高校時代の友達ひろし君と北千住で飲んだ。

北千住というのが俺ららしい。

酒を飲む事自体が、元旦にすこし飲んで以来なので大丈夫かなと思ったが、この歳になって酒無しで会うなんて無茶だろう。

ひろし君は高校のときやってたバンドのドラマーで、ギターもかなり出来るやつだ。

私が中学2年の時に父に買ってもらったギターがいろんな人たちの手を渡って

彼の家にあるという事で、持って来てくれるというのだ。

一時存在すら忘れていたが、このギターがひろし君の家にあるという情報を、年末にE君(当時の別のバンドメンバーの一人)に聞いて連絡してみたら、

「あるよ! でもこのギター、バーコーのギターだったの?」とのこと。

本当に奇跡的な事だった。

ひろし君とも10年以上会っていなかったので、5時間近くあまり料理も食べず、音楽の話と高校時代の話でしゃべりっぱなしだった。

とてもとても楽しい再会だった。
音楽仲間は本当に楽しい。
たぶんそのとき楽器が目の前に2台あれば、すぐ音が合ってしまうものだろう。

共に高校生の子供を持つ父親になってしまった。

むかしお茶の水の石橋楽器店で買ったグレコのSG。
中学2年だったので、父も一緒につきあってくれた。

父は、商売をしていたが、クラシック音楽マニアでもあった。

今では考えられないが、当時ギターをやるなんて不良の代名詞だし、何よりとても高い買い物だっただろうが、父は子供が音楽をやる事はまったく反対しなかった。

確か¥28,000を父が¥25,000だったか、お店で値切ってくれたのを覚えている。
こんなくだらない事を覚えているものだ。

もうフリマで¥1,000でも売れるかわからないような代物だが、
僕にとっては、¥100,000の価値がある。

ひろしもたまに風呂上がりに弾いてくれていたようで、全然音は狂っていない。

なぜこんな展開になったのか、「僕のエレキギターが帰って来た。」
これが起きてきました。

こいつを弾いてみたら(アンプが無いのだが)忘れていた当時の映像が次々出てくる。

ビートルズのコピーバンドがスタートだったなあ。

日々、「手放す」事をやっているが、こんなのもたまにはいいものだ。

久しぶりにこの日、僕とひろしはギター少年になった。

ひろし、ありがとう。

写真:帰って来た、グレコSG

Img_0345

2012年1月 9日 (月)

レイキと姫川薬石のコンビはすごい。

一昨日のウィンドサーフィン中私は、前にすっ飛ばされて左脇腹をマストに強打。

骨折はしていなかったものの、かなりの打撲でその晩は呼吸の度に痛む程になってしまった。

夜、寝返りの度に痛みがひどいので、最近はあまり使わなくなったレイキをやる事にした。

レイキは、サード・ディグリーまで7年くらい前にアチューンメントをうけていて、当時は毎日午前中、自己ヒーリングしていた。

左胸の打撲箇所に両手を重ねて、レイキを送っていたが、ふと思って近くに置いてあった姫川薬石をあててその上から両手をそっと乗せてレイキを送ってみた。

すると出てきた出てきた、とんでもない痛みが。

これぞ激痛である。

私は昔の運動部時代の経験から、かなりの痛みには耐えられるが、これは相当なものだった。

なにしろ、内側から隠れていた痛みが突然湧き出てきたのだから。

それまでは、動いたり深く呼吸したときに痛んでいたのが、「常に激痛」状態になった。

姫川薬石とレイキの組合わせにした途端である。

当てながら、「ありがとうございます。」を心の中で連発。

激痛状態だったが不思議な事に、手を当てたままいつの間にか眠っていた。

その後、2時間毎に目が覚めてその度に患部にエネルギーを送りまた眠る、という繰り返しで朝を迎えた。

なんと、痛みがほとんど収まってしまった。

この日の温泉にも予定通り行く事が出来た。

普通は、こんなひどい打撲の直後に温泉で患部を暖めるなんて良いわけないのだが、結局温泉でさらに良くなった。

つまり、4〜5日分の痛みが一晩で出きったという事だ。

レイキは元々このようにちょっと荒業だが、痛みを短時間に凝縮して出して早く良くする事も経験で知ってはいたが、姫川薬石が加わってその浄化エネルギーが数段アップしたのは間違いない。

けがから2日しか経っていないのに、今はもうほぼ完治である。

すごい効果です、レイキと姫川薬石の同時使用。

ついでですが、手を火傷した時も、レイキはもちろん、姫川薬石を当てるだけでも、とても治りが早かったです。

写真:今回働いてくれた、姫川薬石くん。

Img_0344

昨年9月7日〜8日糸魚川で、私が拾ってきた石です。

2012年1月 7日 (土)

彩湖で新春ウィンドサーフィン、のはずが。

彩湖のきょうの風は、Yahoo天気予報で午後は、7m/sと言う事で、お昼ごろにゲレンデ到着。
セッティングして、今年初セイリング。
と、気持ちよく走ってしばらくしたら、突然のブロー(突風のこと)。

というより、エキスパートの人たちにとっては、よくある普通のブロー。

ハーネスごと前にすっ飛ばされ、撃沈。

自分のマストに左脇腹を強打。

ボードに這い上がるも胸を強打していて、呼吸がヤバい。

ようやく酸素が肺に入ってきてたので、ひとまず岸へ帰ろうとしたが、強打したせいで全身のバランスがヘロヘロ。

上りが出来ず、かなり風下の岸へ。

岸で横になり呼吸に意識を持っていき、ようやく落ち着いてきたが、呼吸の度に左胸の痛みが増してくる。

これは、きょうは切り上げてゆっくりしようと、1時間で退散。

ようやく風が上がってきたので残念だったが、あすは温泉に行く予定があり、ここは無理をしない事に決めた。

帰りの車の運転中にだんだんと痛みが大きくなってきた。

土曜の午後という事もあり、近くの整形外科は休診。
近所の整骨院で、骨折しているかだけでも分かりますか?と電話でたずねたら、「はい、それならば超音波で判ります。」というので、診察。
しかし湿布と固定用のサポーターだけで、何の結論も言ってくれません。
「骨折は?」の問いに、「超音波ではよくわからないのです。」
「え?それおかしいでしょ。」

私は、骨折がどうかだけを知りたかったので、あらかじめ電話で確かめたのに。

骨折でなければ何の治療も必要ないのに、結局¥4,500も払う事になってしまった。

最初から、「超音波では、はっきりは判りません。」と言ってよ。

最終的に、ちょっと遠い整形外科のレントゲンで、骨折はしていない事がわかり、しかもこちらは約¥2,000で済みました。

あの時間と¥4,500、くやしいー!
昔の私なら電話で、「おかしいでしょ。」コール。

でも最近は文句の電話は、やめることにしてます。

診断に¥6,500かかったという事にします。

この種の問題、私特有なのです。
また引き寄せましたね。(引き寄せの法則)

もう内側の浄化も忘れてしまっていたので、早速着手。

あと付けのクリーニングをして、もう夕方。

あと付けの場合は、この場合整骨院の先生が、のうのうと「超音波では、はっきりは判りません。」と言った時の顔を思い出し、怒りが出てきたらクリーニングです。

左脇腹が激痛になってますが、骨折でなかったので、気持ちはいたって元気です。

ブログ書いていると気が紛れます。

来週の平日リベンジします。

ウィンドサーフィンは、ウィンタースポーツです。

写真:栗乃木ハルミ「菜の花と風」

Nanohanakaze_2

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »