フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月20日 (金)

ワイキキでくつろぐ。

9日間のハワイ滞在だったが、毎日夕方ワイキキビーチのあたりでひとりでくつろいだ。

妻と娘が毎日夕方コンドミニアムで昼寝をするので、その間カラカウア通りまで歩いてビーチ沿いの芝生に寝転がってくつろぐ。

正直、この時間がいちばん至福の時だった。

ワイキキの最もにぎやかな場所でもあるが、本当にいろんな人たちがいた。

わたしのように何もせずぼーっとしている人もいたが、

チェスをしている地元のおじさんグループ、

決して上手とは言えないギターを弾き語りしている若者、

ヴァイオリンの人もいた。

カップルでベンチに座っている老夫婦。

日本ではあまり見ない、ご高齢のカッコいいサーファーおじさん。

多くの日本人ファミリー。

砂に寝そべって、そんなに真っ赤に体焼かない方がいいんじゃない?とおもわれるアメリカ人のおばさま。

鐘を鳴らして到着するトロリー。

ああ、平和だなあ。

ワイキキビーチは、今工事中だった。人口砂浜の増強工事だった。

その脇の桟橋へ歩いていったら、ローカルの若い男女がボディーボードを楽しんでいた。

彼ら、彼女たちがものすごく元気だった。

はっとした。こんなに元気な10代の男女が、最近の日本にいるかなあって。

携帯の画面をじっと見て無言でコミュニケーションを取り合う、日本の若者達とは明らかに違う「元気」がある。

ああ、この子達、このまんま地球さんと一緒にいつの間にか5次元に行っちゃうんだなあ。

まちがいないよ、って思った。

遊んでいる彼らの眼差しを、わたしはじっと見ていた。

写真:ワイキキに寝そべっているわたしからの風景。

Img_0566

Img_0567

Img_0568

Img_0570

Img_0572

Img_0574

2012年4月19日 (木)

ハワイの田舎が好き。

ハワイから帰って来て、待っていたのは制作仕事の山。
えらい事になっています。

おまけに帰国したら風邪をひき、

体を休めるヒマもなくスケジュールをこなしながら風邪を治すというキツい日々が続いた。

ああ、何のためにハワイに行ったのか、、、体を休めるために行ったのに、、、

でも思い返すと、素晴らしい風景とハワイの人々のたくさんの笑顔に出会えて、

心に新鮮な風が今でも吹いています。

* * * * * * *
ハワイ3日目からの事を書きます。

ヒルトンをチェックアウトして、ダラーでレンタカーをかりてダイヤモンドヘッド方面へ向かった。
Imgdismond
車はシボレーのAVEO、日本で行ったらカローラクラスのものだろう。
この位がちょうどいい。

私はハワイの道路事情は、ホノルル市内のONEWAY(一方通行)も含めて熟知しているが、それでもレンタカー初日はかなり緊張する。

初日は、思い切っていきなり遠出をしてしまった方が早く慣れるのだ。

ハワイの記事を細かく書いていてもつまらないので、
たくさんの写真からいくつかを載せて終わるとします。

あとは、私の思い出の中。

写真:KING通りにある自然食品店「Down To Earth」
Imgdown_2
ハワイのナチュラルフーズの老舗。

15年前位から、ハワイに来るとここのDeliでランチを食べる。

ハンパなくベジタリアンのお店だ。

お肉、魚は基本的に売っていない。

このお店に入った時の、お店の「におい」が大好きだ。

こんなとき、「ああ、Hawaiiにきたー」と感じる。

ハワイに行く目的のひとつが、この「Down To Earth」に来ること。
支店がカイルアやMauiのカフルイにある。

カフルイのDown To Earthは毎朝食べにいった程大好きな場所。

Down To Earth のHP

* * * * * * *

ノースに行く途中、この辺は、H1からH2を通って峠を越えたあたり。まわりの山はパイナップル畑だ。

ここは思い出の場所だ。
10年以上前だが、ワイキキのビーチウォークにある某ローカルなレンタカー会社で車を借りたときそれはもうひどい車で、この峠道で、しかも真夜中突然エンジンから煙を出して車内まで真っ黒い煙でとんでもない状態になったのだ。

赤ん坊を連れた日本人ファミリーが、ヒッチハイクするはめになったのだ。

それ以来レンタカーはケチらず、大手5社位から選ぼう、と決めた。
そんな思い出の場所だ。

* * * * * * *

写真:Aoki'sシェイブアイス。

外壁のペンキが塗り替えたあとらしく、鮮やか。

でも建物が傾いている。そこがまた可愛い。

Imgaokis

写真:Surf shop というより有名になってしまい、お土産屋さんという感じ。「STRONG CURRENT」のトラック。

Img_0497

* * * * * * *

78号線をノースに突き当たってハレイワと反対の左方向にしばらく走ると、モクレイアの海岸に行ける。

ものすごくきれいな海だ。

タイミングよければウミガメも海岸近くまで泳いで来てくれる。

写真:モクレイアでひたすら泳ぐわたし。

Img_0519

モクレイアの住宅地は、カイルアと並んで家並みも美しく、新しい家が多い。

花がとてもきれいな町だった。

Imgakaihana

Imgpulu

Imghibis

写真:海への道

Imgmichi

2012年4月 9日 (月)

ハワイでの気づき-「静寂」ってとても大切。

ワイキキに来たら必ずここに来る、一番好きな場所かもしれない。

カピオラニ公園。

Img_0427

ここに寝そべって、空を見上げて、空気を思いっきり吸う。

Img_0429

ホ・オポノポノで言う、「HAの呼吸」をやってみる。

鳥の声がする。「ぽーぽろ・ぽーぽーぽー」という
ハワイの町中にいつでもいる、あのグレーの通称「バカドリ」

この声を聞くとハワイに来たなあ、と思う。

遠くでボール遊びする人たちの声がする。

何もしなくてもいいのに、ただ寝そべっているだけでいいのに、色々な事を考えている自分。

思考さんは止まらない。

昨日まで一生懸命やって来た製作の仕事のこと。

ホテルのビーチに遊びにいった家族のこと。

観察者になってみる。

思考が落ち着いてくる。

また思考する。その繰り返し。

風の音がする。

「わたしはわたし。
わたしは無より出でて光にいたる。」

と言ってみた。

こうして、広い公園の草の上に寝そべって空を見るだけ。

わたしは日本でもよくやる。

* * * * * * *

そのときに、実にいろんな雑念が飛び交う。

思考が落ち着くまで、ただそこにいる。

ああいいなあ、パソコンも携帯も何もない。

ブログを読んだ方も、一度やってみて下さい。

落ち着かない何かが有ったら、そこに「依存」があります。

じっとしていられなくなる人もいると思います。

「静寂」はとても大切です。

* * * * * * *

私は、37歳の時退職しました。

その後1年間は、人とあまり会わない日々が続きました。

一般的には、いろんな人と交わったほうが人として磨かれると言います。

これも真実でしょう。

でも「覚醒」という観点から見ると、

人と会わないで済む、という状況が、魂にとってどれほど救いになるか。

静寂を体験するのに、瞑想という方法があります。

でも、瞑想が苦手な人もいます。

体調が(特に心の状態が)あまり優れない時は、瞑想は、いかがなものかとも思います。

わたしは、よく公園で寝そべって空を見ます。

簡単に静寂を手に入れられます。

「静寂」は、チャクラを開いてくれます。

周波数を高めるのに役立ちます。

ネットで知識を得ても、周波数は上がりません。

ハワイでは、本当にたくさんの人が、芝生の上に寝そべっています。

* * * * * * *

日本の都会の光景を思い出しました。

交差点や駅やコーヒーやさんで、携帯の画面に釘付けになっている、サラリーマンや学生たち。

何がそんなに忙しいのでしょう。

* * * * * * *

カピオラニに1時間もいました。

ホテルへ戻ります。

ヒルトンの庭園が美しいです

Img_0408

こんなにきれいに手入れされたら植物たちもうれしいでしょう。

Img_0385_2

ハワイは前半はヒルトン・ハワイアンビレッジ、レインボータワー24F。

素晴らしい眺めのラナイで、持って来たギターを弾いた。

 

 

 

2012年4月 5日 (木)

ハワイに行ってました。

3月27日から昨日の4月4日オアフ島に行っていました。

まあ何回行ってもハワイはわたしにとって一番落ち着くところ。

いつもは、オアフ島でもノースの方やマウイに滞在するのが多かったのですが、今回はワイキキ滞在となりました。

ヒルトン・ハワイアンビレッジに3日間、ワイキキ・バニアンに6日間です。

写真:ヒルトンハワイアンビレッジ レインボータワー24Fのラナイから。

Img_0397

写真:ワイキキバニアン31Fからは、ダイヤモンドヘッド・ビューでした。

Img_0424

今までかなりの日数をハワイで過ごしていますが、こんなにワイキキの町をうろうろしたのは初めてかも知れません。

最初の3日間はレンタカーもなく、初めてトロリーというものに乗りました。

トロリー結構気に入りました。

HISのLea Lea トロリー、青い車体がかわいいのです。

Img_0576

家族での滞在なので、おつきあいのショッピングもありましたが、カイルア、ノース、モクレイア、ハワイカイなど好きな場所はほとんど行く事ができました。

ホ・オポノポノが生まれた場所でもあり、日本で生まれたレイキもこのハワイで育ったという歴史があります。

やっぱりこのハワイという土地は、エネルギー的に特別な場所なのです。

島全体がヒーリングスポットなのでしょう。

特別な波動に満ちています。

マイナスをたくさん抱えた状態の人がハワイを訪れると、一気に具合が悪く事もあるでしょう。

もっともマイナスの存在が妨害してあまりそういう人はハワイに行かないでしょうが、、、

私もこの旅行本当に色々な気付きがありました。

そんなところをぼちぼち記事にしたいと思っています。

では、

ヒルトン・ハワイアンビレッジの庭園に咲いていた黄色いハイビスカス。

私は、赤よりもこちらが好きです。

Img_0405

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »