フォト
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013年7月16日 (火)

仕事が一段落しました。

先日、ようやく仕事の区切りがつきました。

 
5月下旬から一日も休みがありませんでした。
 
土日もフルタイムで制作していましたが、
 
体調がいいので、楽しく仕事をこなしていました。
 
そんなわけで、先日からちょっと休暇を取っていました。
 
どこかの温泉にでも、と思っていましたが、
 
近所でのんびり過ごしました。
 
ツインの彼女とはとても仲良しです。
 
家族とも本当に仲良しです。
 
妻も娘も私にとってはこの宇宙で最も密接な関係のソウルメイトなので、
 
解決するテーマはたくさんなのでしょうが、
 
ここで言う「解決」は
 
平和に暮らす、事で全部クリアという事がわかりました。
 
これだけの事のようです。
 
自分を許し、他人を許す、
 
それがエネルギーを解放する基本なのだと
 
それだけのようです。
 
面倒な事無しでです。
 
「OK! 許す」
 
これって何なんだろう、、、と根っこを探すより前に
 
「OK! 許します」
 
この時期になって、わたしと密な関係のソウルメイトの存在、そして関係がどんどん明らかになって来て、さらにスピリチュアル・レスポンス・セラピーというメソッドと出会い、宇宙の神秘と完璧さを感じずにはいられません。
 
* * * * * * *
最近思った事
 
過去の記憶は変わりません。
 
でも見方を変える事は出来ます。
 
私って何て苦しい人生だったんだ、、、
 
と思っている人いませんか。
 
私って普通でない何て凄いユニークな人生なんだ、
 
と書き換えることだって出来ます。  
 
他人と違う奥の深い経験をしているんだ、と
見方を変えれば、
 
ネガティブからポジティブに180度変わります。
 
言葉を変えるだけです。
* * * * * * *
 

2013年7月 6日 (土)

自由と平和の中で生きる。

平和な毎日です。

 
どの瞬間も自由と平和の中で暮らしています。
 
生きている、という実感があります。
 
5月以降の仕事受注が普段の3倍の量に達していて、休みがありません。
 
ですが、体調が完璧なのでたんたんとこなして行きます。
 
以前の全身がだるーい状態では、仕事が多いときは、
 
正直「もういいです!」と叫んでいた事もありました(笑)
* * * * * * *
私の会社は、私そのものでもありますので、私の問題がクリアされたので、
 
会社それ自身も本来の在り方として動きが変わりました。
 
こんな不思議な嬉しい体験が重なり、総て自分なんだ
 
とあらためて確認しました。
 
* * * * * * *  
本当にラクチンです。
 
スピリチュアル・レスポンス・セラピー(SRT)でクリアしたのち、大きく世界が変わりました。
 
子どもの時って、こんな感じだったのでしょう。
 
体調がいい、
 
これだけの事でこんなにも幸せになれるのですね。
 
総ての風景が、美しくて仕方ありません。
 
前回の記事でも世界が変わりました、という表現をしましたが、
 
本当は、宇宙が変わったのです。
 
今この瞬間、心配がひとつもありません。
 
疑問もありません。
 
もうこのブログもどうかなと思ってます。
 
スピリチュアルなブログは他にあふれてますし、
 
* * * * * * *
 
私も長年の体調不良が、レイキ、気功などのエネルギーではどうにも改善されない、という経験をしてきました。
 
それは、魂の根幹にエネルギーが届いていないという事でした。
 
それだけの事です。
 
「SRT」では、人生で起きる事の幸不幸の原因の95%は過去世にある、という視点に立っています。
 
そして瞬時にクリアして行きます。
 
* * * * * * *
私(あなた)の体験は、100%の私(あなた)が受け入れている観念が現実となった結果です。
 
70%とか95%とかではなくです。
 
思っている事の30%しか実現してないとしても、
 
それは30%の達成を100%の自分が実現しているという事です。
 
ここで言う「100%の自分」が、過去世などからの影響も含めてなのだと、
 
最近良く理解出来ます。
 
さらに両親から継承されたプログラムもたくさん含まれているでしょう。
 
このようにして今の「100%の自分」が出来上がっています。
 
* * * * * * *
 
ですから現実を変化させたければ、「100%の自分」を変えていくしかありません。
 
文章力がないので、言葉で上手く書けませんが、、、
 
* * * * * * *
尾瀬、アヤメ平の池溏。
遠くの山は大好きな平ヶ岳。
Imgp3467_2
 

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »