フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の記事

2016年7月11日 (月)

フォーク酒場

5月頃からだけど、ギターを弾き始めていて、

 
夕ご飯終わってから車で出かけては、
 
イオンの駐車場で車の中でギターを練習している。
 
イオンは22時までやっているし、次の日の買い物も出来るし、
 
何より駐車場の照明が強力で、車内でもコード譜面が読めるのだ。
 
車でギターなんてとても怪しいんだけど、
 
事務所は賃貸でガンガン鳴らせないし、自宅は家族の手前もっと条件は悪く、
 
結果的に車の中で練習になってしまうのだ。
 
月1、2回は都内のフォーク酒場でギターで弾き語りをやる。
 
お客さんがステージで演奏するというお店だけど、そういうフォーク酒場なるお店が全国にあり、
 
ほとんどが70年代のフォークソング中心のお店なのだ。
 
私も、もろに70年代のフォークブームに中学生で、ギターを始めたので、
 
そんなお店に行くと、まさにその時代のギター少年達が集まっているのだ。
 
皆さん私よりちょっと年齢上の人が多いのだが、
 
当時のギター少年達にとっての神は、吉田拓郎である。
 
私もそうだ。
 
洋楽では、たくさんのロックバンドがいるが、我らフォークギター少年にとっては
 
ビートルズとS&G。
 
面白いのは、そんなお店に集まってくるおじさん達は、出身地が全国的なのに、
 
細かいギターテクニックがほぼ同じだということ。
 
それでやたら全員と話が合う。
 
合わないところがない。
 
Jazzのお店のジャムセッションと違い、緊迫感がない。
 
でも、ほとんどステージではたった一人で弾き語りなので、
 
別の緊張感はある。
 
そしてやたらと皆あったかい。
 
フォーク酒場と言っても、私は酒飲んでギターは弾けないので、
 
いつもオレンジジュースだ。
 
そんなんで最近ギターを弾きすぎて左手肘がテニス肘になってしまい、
 
整形外科に通いだした。
 
 
 

2016年7月 7日 (木)

三宅洋平さん

このところ、政治の記事ばかり書いている。

 
もちろん参議院選挙があるからだ。
 
今回ばかりは、本当に大切な選挙だし、
 
私は、政治や社会に無頓着な、スピリチュアルオンリーの「光よ」「愛よ」だけの人間でもないのであります。
 
今日お昼に、北区の赤羽駅前で今話題の人、三宅洋平さんが街頭演説「選挙フェス」をやっていた。
 
本当に話題の人で、スピリチュアルな人たちの間でも、賛否を2分していると聞く。
 
私は駅前のベーカリーカフェでランチしてたら、ライブ演奏とともにフェスが開始。
 
三宅洋平さんのお話をばっちりと聞いてきた。
 
この日のお話の内容についてだけだけど、
やたらシンプルで、この人を批判している人多いんだけど、一体どこに引っかかっているのだろうと疑問が残った。
 
それだけ、自然で、話している事が結構当たり前すぎて、超普通で、うーん、何だろう。
 
ミュージシャン系で、オーガニックで、環境派で、こんな自由な雰囲気の人は私が仕事辞めてフリーの人だったころ、周りにたくさんいたので、まったく違和感がない。
 
私の内側でコンフリクトがまったく起きず、本当に何だろう、って感じ。
 
話が空気のように通り過ぎてく。
 
この人はあらゆる旧型の組織に属していないような人なので、
 
わたしも居心地が良かったのかもしれない。
 
この人、本当に楽しんでいるのだと思う。
ステージの下での、彼とスタッフの人たちの語らうところから、その笑顔から感じ取れた。
 
「その人がその人らしい生き方ができる社会」という理念も、そのまま素敵だし。
 
おそらく、「政治家とは」とか「ビジネスとは」、その他「〜とは」という、何かもろもろの価値観から見ていくと、
 
また、そのような観点から判断する人からは、なんだか良くわからないけど、嫌な感じだと思う。
当然、そのような人は内側でぶつかるでしょう。
 
まあ、私は東京人でないので、一票にならないけど、、。
 
カンパが出来たので、参加してきました。
 
 

2016年7月 3日 (日)

参議院選挙まで1週間。

今日は実家に寄ったので、久々に母と話してきた。
 
選挙の話になった。
母は足腰が弱くて投票に行かないというので、
 
1票大事だから一緒に行こうと言う事になった。
 
いろいろ話したが、
 
やっぱり一般の国民はほとんど何も知らされていないで選挙に臨んでいるのだと
 
つくづく思ったのだ。
 
話すと煙ったがられる原発の事や、
 

自民党の憲法改正草案の話をした。

 
なかなか伝えるのが難しい。 
 
あらゆる基本的人権がサクッと削除されているところ、  
 
どこまで伝わったか。
 
まあいいや。
 
投票当日にもう一度話そう。
 
この選挙結果次第では、この国、とんでもなく変わってしまう可能性は高い。
 
その可能性の、ストッパーがなくなるからだ。
 
ちょっと前に、「政治家の意識レベルなんて、、、、、」って書いたけど、
 
それでも投票に行くしかない。
 
あと身内で誰か話せる人いるかなあ。
 
http://synodos.jp/politics/15542
 
 
 
 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »