フォト
無料ブログはココログ

« 三宅洋平さん | トップページ | 幸せで「ある」ということ。 »

2016年7月11日 (月)

フォーク酒場

5月頃からだけど、ギターを弾き始めていて、

 
夕ご飯終わってから車で出かけては、
 
イオンの駐車場で車の中でギターを練習している。
 
イオンは22時までやっているし、次の日の買い物も出来るし、
 
何より駐車場の照明が強力で、車内でもコード譜面が読めるのだ。
 
車でギターなんてとても怪しいんだけど、
 
事務所は賃貸でガンガン鳴らせないし、自宅は家族の手前もっと条件は悪く、
 
結果的に車の中で練習になってしまうのだ。
 
月1、2回は都内のフォーク酒場でギターで弾き語りをやる。
 
お客さんがステージで演奏するというお店だけど、そういうフォーク酒場なるお店が全国にあり、
 
ほとんどが70年代のフォークソング中心のお店なのだ。
 
私も、もろに70年代のフォークブームに中学生で、ギターを始めたので、
 
そんなお店に行くと、まさにその時代のギター少年達が集まっているのだ。
 
皆さん私よりちょっと年齢上の人が多いのだが、
 
当時のギター少年達にとっての神は、吉田拓郎である。
 
私もそうだ。
 
洋楽では、たくさんのロックバンドがいるが、我らフォークギター少年にとっては
 
ビートルズとS&G。
 
面白いのは、そんなお店に集まってくるおじさん達は、出身地が全国的なのに、
 
細かいギターテクニックがほぼ同じだということ。
 
それでやたら全員と話が合う。
 
合わないところがない。
 
Jazzのお店のジャムセッションと違い、緊迫感がない。
 
でも、ほとんどステージではたった一人で弾き語りなので、
 
別の緊張感はある。
 
そしてやたらと皆あったかい。
 
フォーク酒場と言っても、私は酒飲んでギターは弾けないので、
 
いつもオレンジジュースだ。
 
そんなんで最近ギターを弾きすぎて左手肘がテニス肘になってしまい、
 
整形外科に通いだした。
 
 
 

« 三宅洋平さん | トップページ | 幸せで「ある」ということ。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーク酒場:

« 三宅洋平さん | トップページ | 幸せで「ある」ということ。 »