フォト
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月の記事

2016年8月23日 (火)

チャーリー・パーカーの名曲「Ornithology」

Jazzネタなのです。

 
何せ19歳くらいから、ずっと人生の結構な部分がJazzという音楽に浸り切っているのです。
 
それにしてはJazzの記事が少ないなあと思っています。
 
Jazz関係の人も私の記事を読んで下さっている方がいらっしゃるようなので、
たまに書きます。
 
というか、記事自体が少ないのですが、、すみません。
 
* * * * * * *   
私がJazzの頂点に置いている人のひとり、チャーリー・パーカーの
 
Ornithologyという曲があるのです。
 
Jazzの頂点の人もいっぱいいるのですが、アルトサックス部門の頂点です。
 
いえいえ、Jazz全体でも最も偉大なのが、チャーリー・パーカーです。
 
以前、パーカーの名曲コンファーメーションについて書いた事がありますが、
 
このオーニソロジーという曲もパーカーの代表作の一つです。
 
Gからはじまって、Ⅱ-Vの連続でE♭まで転調していき、Gに引き戻すという、
 
ハウ・ハイ・ザ・ムーンのコードチェンジでパーカーが作曲しました。
 
Ornithologyは「鳥類学」という言葉で、パーカーのことを「バード」と呼ぶのに関連しているのだろう。
 
とにかくパーカーの曲はバップ時代の曲でも飛び抜けてテーマのポテンシャルが高いのである。
 
だから、今でもJam sessionでも演奏されるのだ。
 
Ornithologyはたくさんのアーティストが演奏してきているが、
 
一番好きなのは、1950年のバードランドでのライブ盤での演奏。
 
ここでは、バードと、共演のファッツ・ナヴァロ、バド・パウエルが目の覚めるような演奏をしているのだ。
 
決して良くない録音状態にもかかわらず、
 
そのアドリブの緊張感と  完成度、抑制力、そして会場の熱気と、
 
どれをとっても最高のオーニソロジーである。
 
中でもパウエルの光り輝くソロ。
 
1950年のニューヨーク、
 
生まれていないし、行ったこともないので知るわけも無いが、
 
とても困難な時代であった事は、彼らの私生活からも想像できる。
 
そんな中で、彼らの恐るべきクリエイティブ魂が現在のJazzという音楽の基礎を作ってしまったわけで、
 
彼らについて語ろうと、いろいろな言葉を見つけようとしても、
 
ただただ「天才」という2文字しか浮かばないのである。
 
それも「桁外れの天才」。
 
そういう人がいるんですよね。
 
もちろん、その努力も凡人の域を超えているのであろう。
 
どんな魂なんだろう。
 
みんな若くして、パーカーは35歳、ナヴァロは26歳(この演奏の数週間後)、パウエルは41歳でこの世を去っている。
 
私は、今日もパーカーやパウエルの音楽を聴いた。
 
おかげでかなり気分よく過ごせる。
 
今週は、どこのセッションに出かけようかな。
5138igdqfsl_ss135_sl160_

2016年8月11日 (木)

幸せで「ある」ということ。

また基本的な事を感じてばかりいるこのごろですが、

 
今、幸せを選ぶということで、
 
幸せに生きるってことなんですね。
 
ブロックしているエネルギーがたとえ残っていたとしてもです。
 
何かクリアしたり、浄化?したりしないと、自分は幸せになれない、
 
と思い込んでいる人が多いようです。
 
私は、19年前にサラリーマンを辞めて、それこそ今思うと  
 
当時はブロックだらけだったでしょう。
 
今もですが、、、
 
でも当時からとても幸せでした。
 
自由になっただけで幸せでした。
 
完全に人と外れた生き方に突入していて、それだけで幸せでした。
 
今、幸せに生きる。
 
いろんな事が浄化されたら、きっと自分も幸せになるだろう、、、
 
は絶対捨てた方がいいです。
 
そのような感覚でいると、きっと劇的な変化は訪れないようです。
 
そして、けっこう、その内側は物欲だったりしますから。
 
もう地球のエネルギーと相容れないような気がします。
 
「今、幸せな人」が増えるだけで、宇宙はこの次元に留まっていないのでしょう。
 
そんな事を思いました。
 
私は、幸せです。
 
天皇陛下の「お気持ち」  のお話、この星のエネルギーを変えましたね。
 
私は、幸せです。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »