フォト
無料ブログはココログ

« 幸せで「ある」ということ。 | トップページ | 散歩ばかりしています。 »

2016年8月23日 (火)

チャーリー・パーカーの名曲「Ornithology」

Jazzネタなのです。

 
何せ19歳くらいから、ずっと人生の結構な部分がJazzという音楽に浸り切っているのです。
 
それにしてはJazzの記事が少ないなあと思っています。
 
Jazz関係の人も私の記事を読んで下さっている方がいらっしゃるようなので、
たまに書きます。
 
というか、記事自体が少ないのですが、、すみません。
 
* * * * * * *   
私がJazzの頂点に置いている人のひとり、チャーリー・パーカーの
 
Ornithologyという曲があるのです。
 
Jazzの頂点の人もいっぱいいるのですが、アルトサックス部門の頂点です。
 
いえいえ、Jazz全体でも最も偉大なのが、チャーリー・パーカーです。
 
以前、パーカーの名曲コンファーメーションについて書いた事がありますが、
 
このオーニソロジーという曲もパーカーの代表作の一つです。
 
Gからはじまって、Ⅱ-Vの連続でE♭まで転調していき、Gに引き戻すという、
 
ハウ・ハイ・ザ・ムーンのコードチェンジでパーカーが作曲しました。
 
Ornithologyは「鳥類学」という言葉で、パーカーのことを「バード」と呼ぶのに関連しているのだろう。
 
とにかくパーカーの曲はバップ時代の曲でも飛び抜けてテーマのポテンシャルが高いのである。
 
だから、今でもJam sessionでも演奏されるのだ。
 
Ornithologyはたくさんのアーティストが演奏してきているが、
 
一番好きなのは、1950年のバードランドでのライブ盤での演奏。
 
ここでは、バードと、共演のファッツ・ナヴァロ、バド・パウエルが目の覚めるような演奏をしているのだ。
 
決して良くない録音状態にもかかわらず、
 
そのアドリブの緊張感と  完成度、抑制力、そして会場の熱気と、
 
どれをとっても最高のオーニソロジーである。
 
中でもパウエルの光り輝くソロ。
 
1950年のニューヨーク、
 
生まれていないし、行ったこともないので知るわけも無いが、
 
とても困難な時代であった事は、彼らの私生活からも想像できる。
 
そんな中で、彼らの恐るべきクリエイティブ魂が現在のJazzという音楽の基礎を作ってしまったわけで、
 
彼らについて語ろうと、いろいろな言葉を見つけようとしても、
 
ただただ「天才」という2文字しか浮かばないのである。
 
それも「桁外れの天才」。
 
そういう人がいるんですよね。
 
もちろん、その努力も凡人の域を超えているのであろう。
 
どんな魂なんだろう。
 
みんな若くして、パーカーは35歳、ナヴァロは26歳(この演奏の数週間後)、パウエルは41歳でこの世を去っている。
 
私は、今日もパーカーやパウエルの音楽を聴いた。
 
おかげでかなり気分よく過ごせる。
 
今週は、どこのセッションに出かけようかな。
5138igdqfsl_ss135_sl160_

« 幸せで「ある」ということ。 | トップページ | 散歩ばかりしています。 »

チャーリー・パーカー」カテゴリの記事

コメント

ブログへのコメント、ありがとうございます。
見に来ましたよ。

オーニソロジーは転調が多いので、アドリブが難しいんですよねー。
テーマ・メロディも弾きにくい。
でも素晴らしい曲だと思います。

ジャズだけでなく、レッド・ツェッペリンやユーミンも聴いているのですね。
私も大好きなので、感性が似ているなと思いました。

政治に関心が強いのも似ているなと。

また見に来ます。

村本尚立さま

わたくしのブログを見ていただきありがとうございます。
本当に、感性が似ていてびっくりしました。

チャーリー・パーカーつながりで、まさかのスピリチュアルな部分でも
共通点だったので、、

音楽的感性とリベラルな感覚と通じるものがあるのでしょうね。

神との対話はブログであまり触れていませんが、
それはそれはぼろぼろになるまで1〜3巻は読み込みましたね。
第1巻は覚える程です。
ちょうどバップ・フレーズを口で歌える程まで覚えてしまったのと似ています。

またこれからも読ませていただきます。
ありがとうございます。

お気に入りに登録したので、作業の合間に見に来ました。

神との対話をそこまで読み込むとは!
同志といっていいですね。凄く嬉しいです。

私もバップ・フレーズが大好きで、パーカーのフレーズは沢山覚えていて、口ずさむ時がよくあります。

村本尚立さん。

こんにちは、
本当に「同志」ですね。
私も嬉しいです。
個人的問題がたくさん有ったので、神との対話は第1巻主体になったようです。
あと、バシャールの本も少し読んでます。

パーカーのダイアル、サボイ盤、
パウエルの演奏たくさん聴いてきました。
あと、村本さんと同じく、1953年頃ロリンズと一緒だった頃のモンクが大好きです。

ありがとうございます

こんにちは。
バシャールも読んでいらっしゃるのですか。

私はバシャールの声やしゃべり方に可愛らしさがあるので、そこがすごく好きなんですよ。前向きな思考が良い結果を生むという考え方に、とても共感しています。

ロリンズとモンクの共演作は、素晴らしいですよね。
ジャズ・ファンの間であまり評価されていない感じなので、それを覆そうと思い記事にしましたが、評価している方はやはりいるのですね。

村本さん。

こんにちは、
バシャールは、言葉をまとめた本みたいなのを読んだ程度ですが、
ポジティブでとても良かったです。
声やしゃべり方があるのですね、知りませんでした。

そうなんです、モンクは曲も好きな曲がたくさん有りますし、
良く聴きましたが、何と言っても52〜54年頃のトリオやロリンズと組んでた頃が
なぜか一番好きですね。
こんな話、楽しいです。
ありがとうございます。

どーもです。

バシャールは、本もたくさん出ていますが、動画がユーチューブにたくさんあります。
私も最初は本から入ったのですが、動画を見たらそっちの方が面白いと思いました。

50年代前半のモンクは、すごく純粋で分かり易いと感じています。
心にダイレクトに来る音の響きがあるというか。

でも、50年代後半でも好きなアルバムがあります。
ライブ盤のミステリオーソが好きなんですよ。
そのうち私のウェブサイトで取り上げようと考えています。

村本尚立さん

こんばんは、
そう、あれからバシャールの動画いくつか見ましたよ。

最近は私もスピリチュアルの最前線に疎かったのですが、
興味深く楽しく見ました。

本当にそうなのですよね。
バシャールの話している通りだと思います。

90年代に読んだ「聖なる予言」「神との対話」で語られていた内容が、
今の時代に、より具体的な形でバシャールにより表現されていますよね。
楽しみな時代です。

一方で、この日本の政治が向かっている方向も人々の気付きのための最後のハードルかも知れません。とにかくたくさんの人が目覚めるのを願うばかりです。

* * * * *
モンクのミステリオーソ、大昔20歳のころ買ったLPレコードで持っています。
私も大好きですよ。
グリフィンのテナーが絶好調ですよね。
ジャケットがアーティスティックで絵画的で、しばらく部屋に飾っていました。

モンク、コルトレーンのアルバムも大好きです。
とにかく素晴らしい時代ですね。

いつも楽しいやり取りが出来て嬉しいです。

私も村本さんのウェブサイトで勉強させていただきました。
これまで判りづらかった、シリアの歴史についてとてもわかりやすかったです。

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

こんにちは。

聖なる予言は、私も2年ほど前に読みました。
なかなか面白かったです。

バシャールによると、神との対話で語る神とは、地球の集合意識とのこと。
そういう解釈もあるのかと思いましたね。

モンクのミステリオーソは、私もLPが初聴きでした。
ジャケットは特徴的ですよね。あれは有名な画家の作品だったと思います。

私はジャズのジャケットでは、ブルーノート・レーベルの演奏中のミュージシャンの写真がでっかく出ているやつが好きです。
録音中の臨場感があり、あれは飾りたくなりますね。

シリア史を読んでいただけたのですか。
シリアは、最近は混乱状態で話題に上りますが、どういう国かをきちんと説明している報道はほとんどありません。
だから取り上げたのですが、もっと充実したものにしたいと思っています。

村本さん

こんばんは。

このところ軽井沢の方へ出かけておりました。
とても涼しく、気持ちいい旅でした。

あれから、村本さんのウェブサイトの「神との友情」のところ、
読んでいました。
「神との友情」の本は読んだ事ないのですが
サイトでの説明だけでも、素晴らしいですね。
すごく理解できます。
センターに戻れますね。

ブルーノートのレコードもずいぶん持っていますが、
カラーモノクロのジャケット多いですよね。
最近ハンク・モブレイよく聞いています。
しばらく間が空くと懐かしくてまた聴きたくなりますよね。

村本さんのサイト、色々参考になる事がピンポイントでありますよ。
バードの I Remember Youの解説、解説だけでも楽しいですよ。
アル・ヘイグのイントロかっこいいですよね。

ジジグライス作曲のマイノリティーの解説もいいですね。
この曲、今練習中です。
プリントアウトして読んでます。

またウェブサイト読ませていただきますね。

こんばんは。

軽井沢ですか。良い所と聞きますが行った事はありません。
すごいですね、高級地なのに。

神との友情も、素晴らしい本だと思っています。
分かり易くまとめたつもりなので、crispyさんの感想はとても嬉しいです。

ブルーノートは確かにモノクロ写真が多い。あれが硬派な雰囲気で好きなんですよ。
映画でもモノクロのは味わいがありますねー。

ジャズの記事は、自分の好きな曲だと自然に充実した内容になります。
楽しんでもらえて嬉しいです。
アル・ヘイグは音色とタッチが繊細で美しいし、とても好きなピアニストの1人です。

マイノリティーは、コード進行を調べましたが演奏したことはありません。
難しい進行をしているし、あまり演奏している方がいないからです。
それに挑戦するcrispyさんを尊敬します。

村本さん。
こんにちは、少し間が空きました。
いろいろなところに日帰りの旅に出たりしています。
夕方からはジャムセッションに出かけたりもしています。

なかなか上達しないのですが、やっぱりJAZZは大好きですね。

私のJazz関係の知り合いには、スピリチュアルな話題が通じる人は居そうもありませんが、
音楽という共通点でとても楽しい時間です。

またよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・パーカーの名曲「Ornithology」:

« 幸せで「ある」ということ。 | トップページ | 散歩ばかりしています。 »