フォト
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月14日 (金)

リベラルだなあ。

おれってリベラルなんだなあ。
 
やっぱり、10代前半でフォークソングにどっぷりだったのは決定的要因だったようだ。
 
加川良さんが亡くなって、昨日も仕事場で彼のアルバムを流していたが、
 
本当に、「ああ、この世界なんだよな」、俺って、
 
そう思った。
そんなもんだから、
 
「経済」と言う言葉を聞いても、何も反応しない。
 
むしろ、違和感がある。
 
なんでそもそも、経済は成長しなきゃならないのだろう、
 
なぜ、そんなに稼ぎたいのだろうか。
 
私は、10代、フォークソングにどっぷりで本当に良かった。
 
おかげで、戦って、競って勝ち取る事に感性としてなじんでいない。
 
だから、結構すぐに幸せの状態に入れるんだと思う。
 
いいよね、これって。
 
本当にフォークソングのおかげだなあ。 
 
戦争大嫌いだし。
 
当たり前って、言われそうだが、
 
そうでもなくて、戦争したい人たちは、結構居るんです。
 
私には無関係な人たち。
 
我が家の、玄関前の可愛い水仙たち
Img_0534
 

2017年4月 9日 (日)

権力は腐敗する。

結局は、最終的に、当たり前の事ですが、

 
権力は腐敗するんです。
 
 
Img_0511

2017年4月 6日 (木)

加川良さん

誰にでも、10代の頃決定的なインスピレーションを受けたアーティストや作家さんがいると思います。

 
私の場合も、小説家や音楽家が多いのですが。
 
中学の頃はフォークの世界に完全にはまっていたので、フォークのミュージシャンは最も大きな存在でした。
 
そんな中でもトップに好きだったのが、加川良さんです。
 
良さんが昨日亡くなりました。
 
69歳でした。早すぎます。
 
良さんのうた、大好きでした。
 
中2の時、サードアルバム「やあ」を買いました。
 
たぶん雑誌「ヤングギター」で広告が出たので、発売と同時に秋葉原の石丸電機レコード館にすっ飛んでいって購入したのだと思います。
 
全曲しびれました。かっこ良かったです。
 
大晦日
夜汽車に乗って
枚方のあきちゃん
流行歌
フォークシンガー
東京
小指ちゃん
 
など、今でも全部口ずさめます。
 
そしてファースト、セカンドアルバムを聴きまくりました。
 
中2の頃、寝ても覚めても良さんの歌でした。
 
フォークの人はみんな聴いていましたが、特に吉田拓郎と加川良さんですね。
 
ギターも徹夜でコピーしまくりました。
 
良さんのようになりたかったので。
 
良さんの歌は、古ーい座布団のようです。
 
とてもあったかくて、でも時に強いインパクトも含んでいる歌。
 
当たり前のように政治的な歌もありました。
 
大影響を受けました。
 
全部大好きでしたから。
 
本当に良さんの歌はあったかいんです。
 
そして風景があります。
 
歌声も大好きでした。
 
良さんが亡くなってしまった。
 
わたしが公務員時代、たぶん29〜30歳くらいだったと思いますが、
 
良さんが下北沢でライブをやっていると知り、追っかけました。
 
小さな、30人くらいがぎゅうぎゅう詰めのライブハウスで、良さんは歌いまくっていました。
 
良さんは、最後までギター一本で歌ってくれました。
 
ありがとうございます。
 
加川良さんはずっと私の青春です。
 
ご冥福をお祈りします。
 
41q1ynr3z9l

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »