フォト
無料ブログはココログ

心と体

2012年1月 9日 (月)

レイキと姫川薬石のコンビはすごい。

一昨日のウィンドサーフィン中私は、前にすっ飛ばされて左脇腹をマストに強打。

骨折はしていなかったものの、かなりの打撲でその晩は呼吸の度に痛む程になってしまった。

夜、寝返りの度に痛みがひどいので、最近はあまり使わなくなったレイキをやる事にした。

レイキは、サード・ディグリーまで7年くらい前にアチューンメントをうけていて、当時は毎日午前中、自己ヒーリングしていた。

左胸の打撲箇所に両手を重ねて、レイキを送っていたが、ふと思って近くに置いてあった姫川薬石をあててその上から両手をそっと乗せてレイキを送ってみた。

すると出てきた出てきた、とんでもない痛みが。

これぞ激痛である。

私は昔の運動部時代の経験から、かなりの痛みには耐えられるが、これは相当なものだった。

なにしろ、内側から隠れていた痛みが突然湧き出てきたのだから。

それまでは、動いたり深く呼吸したときに痛んでいたのが、「常に激痛」状態になった。

姫川薬石とレイキの組合わせにした途端である。

当てながら、「ありがとうございます。」を心の中で連発。

激痛状態だったが不思議な事に、手を当てたままいつの間にか眠っていた。

その後、2時間毎に目が覚めてその度に患部にエネルギーを送りまた眠る、という繰り返しで朝を迎えた。

なんと、痛みがほとんど収まってしまった。

この日の温泉にも予定通り行く事が出来た。

普通は、こんなひどい打撲の直後に温泉で患部を暖めるなんて良いわけないのだが、結局温泉でさらに良くなった。

つまり、4〜5日分の痛みが一晩で出きったという事だ。

レイキは元々このようにちょっと荒業だが、痛みを短時間に凝縮して出して早く良くする事も経験で知ってはいたが、姫川薬石が加わってその浄化エネルギーが数段アップしたのは間違いない。

けがから2日しか経っていないのに、今はもうほぼ完治である。

すごい効果です、レイキと姫川薬石の同時使用。

ついでですが、手を火傷した時も、レイキはもちろん、姫川薬石を当てるだけでも、とても治りが早かったです。

写真:今回働いてくれた、姫川薬石くん。

Img_0344

昨年9月7日〜8日糸魚川で、私が拾ってきた石です。

2011年12月18日 (日)

ホ・オポノポノ ビジネスクラスに参加してきました。

12月17日、18日の2日間、ホ・オポノポノ ビジネスクラスに行ってきました。

今年の春頃からホ・オポノポノに興味が深まり、ヒューレン博士の本を何冊か読んでいるうちにその究極性というか何となくですが「私には必要」という気持ちになりました。

Hawaii発祥というかわいい雰囲気もあったり、だんだんとハマってしまい、クラスに参加しました。

2日間終わってついさっき帰ってきましたが、かなりの疲労です。

これは単に、普段私が長時間椅子に座って人のお話を聞くという生活パターンからあまりにもかけ離れた生活をしていることによる疲れです。

参加してみた感想ですが、本当に素敵な内容でした。

私も、自分の会社の経営を、本来の「ゼロ」の悟った状態に戻してあげたくて参加したのですが、

予想していた通り、ビジネスクラスといっても、内容はパーソナルな問題解決も含めた総合的なものでした。

参加して本当に良かったです。

規約により、中身をお伝えするのは困難ですが、私の自己に対する接し方が、きょうから大きく変化していくでしょう。

新しい発見も多かったです。

過去に自分に対して語ってきた暴言、いかに自分をいじめてきて、なんのケアもしてこなかったのかと、、、

これから時間をかけて少しずつやることが、明確になりました。

私は、反省している暇はないようです。「悔やむ」という思考が波動を下げてしまうので、即クリーニング(浄化)です。

このHawaiiに始まった問題解決法ホ・オポノポノはやはり100%「自分」のクリーニングです。例外無しです。

今年の春頃から意識的にゆっくりと仕事をしようと思い始めていたのですが、ホ・オポノポノ ビジネスクラスに参加した今、さらにその思いは深まりました。

会場は六本木ヒルズ49階、終わって降りていったらたくさんのカップルでテラスのカフェは一杯でした。
イルミネーションも、節電モードなのか落ち着いていました。

写真:円錐形のツリーのオブジェ、これだけでした。

Img_0333